「進撃の巨人」ネタバレ122話のあらすじ詳細です。

121話のエレンとジークの「記憶旅行」から一転、ついに壁の巨人が動き出します!

そして始祖ユミルと大地の悪魔の起源が明らかに…。

さっそく122話を見ていきましょう!

(別冊少年マガジン11月号/2019年10月9日発売)

進撃の巨人ネタバレ122話「二千年前の君から」あらすじ考察

前回の121話「未来の記憶」では、「記憶旅行」でエレンの真意を知ったジークが、始祖ユミルに安楽死計画の実行を指示し、エレンが阻止するべく追いかけてるところで終わりました。

122話では、始祖ユミルの過去から描かれます。

2000年前、始祖ユミルはエルディア王国の奴隷として暮らしていましたが、家畜の豚が逃げた犯人として祭り上げられ、森の中で狩人達に追い込まれ殺されそうになります。

命からがら逃げていたユミルは、目の前にあった巨大樹の木の洞窟へと入りますが、足元をとられて地下水へと落ちてしまいます。

有機生物との接触
諫山創/「進撃の巨人」第122話より引用

その中で謎の生物らしきものと接触した瞬間、巨人化してその力を得ます。

これが大地の悪魔の正体でしょうか?

その後、強力な巨人の力を得たユミルは、エルディア国を豊かにして富をもたらします。

そしてユミルは奴隷身分から王の妃となり、3人の子を産みながらも、巨人の力でマーレとの戦争に勝利をもたらします。

「進撃の巨人ネタバレ122話」巨人継承の成り立ち

ユミルの体を食べる娘たち
諫山創/「進撃の巨人」第122話より引用

そんなある日、王の暗殺をたくらんだ兵士が、王に槍を投げつけますが、ユミルが盾となり槍を刺されて倒れます。

王を庇って倒れたユミルに対して、「お前は槍では死ぬわけないだろう。早く立って働け。」と、王は冷酷な言葉を投げかけます。

そして、そのまま立ち上がれなかったユミルの体を切り刻み、ユミルの3人の子供、マリア、ローゼ、シーナに食べさせるのです。

ユミルの子供の名は、パラディ島の「壁の名前」だった訳ですね。
そしてユミルを食べた3人の娘たちも、死後体を分けられ、現在の9つの巨人となったようです。

巨人の力は、このように継承されてきたことが明らかとなりました。

「進撃の巨人ネタバレ122話」地ならし発動!

こうして巨人の力は未来永劫残すことができる

この言葉に反応したエレンは、ユミルに対して「お前はどれでもなければ神でもない。お前は自由だ。俺がこの世を終わらせてやる!」とユミルを抱きしめます。

それを見たジークが慌てて駆けつけますが、エレンは続けます。

「自分で選んでいいんだ、君は2000年前からずっと待ち続けていたんだね」

その言葉を聞いた瞬間、目に光が戻る始祖ユミル。

現実世界のエレンの体が形成され、そしていよいよ壁の中の巨人が動き出します!

「進撃の巨人ネタバレ122話」の感想と考察

地鳴らし発動
諫山創/「進撃の巨人」第122話より引用

122話では、始祖ユミルの過去、そして奴隷からの解放、地ならし発動と、衝撃的な展開が続きましたね!

そして確定していなかった「道の少女」が始祖ユミルであること、パラディ島の壁の名前が、ユミルの3人の娘の名前であったこと、巨人の根幹となる有機生物との接触の設定が明かされました。

背骨のようなあの生物、その正体が気になりますね。

さらに始祖ユミルの奴隷からの解放、そして壁の巨人が動き出す「地ならし」発動!

これを待っていた読者も多いのではないでしょうか?

大興奮の展開となった122話でしたが、果たして世界は踏み潰されてしまうのか…!

次回からの展開に期待です!