「進撃の巨人」ネタバレ121話「未来の記憶」のあらすじ詳細です!

エレンとジークが過去の記憶を巡る「記憶旅行」から、ついに「進撃の巨人」の能力が明らかとなりました!

「進撃の巨人」の能力とは?未来の記憶とは?

早速121話を見ていきましょう!

(別冊少年マガジン10月号/2019年9月9日発売)

進撃の巨人121話「未来の記憶」ネタバレのあらすじ考察

前回の120話に続き、エレンとジークはグリシャの過去の記憶を巡っていきます。

エレンがミカサの両親を殺した賊から救出する場面です。

ここでは、エレンは自分がミカサにマフラーを巻くところを、意味深にじっと見つめています。

そしてグリシャの地下室へ。

グリシャはジークとの家族写真の裏に、写真であることや壁の外から来たことを書き引き出しに入れます。

複雑な表情を浮かべるグリシャ。

この時グリシャはエレンに壁の外の秘密を言うか迷ってたのかも知れません。

その翌日、調査兵団になりたいと母親と言い合うエレンに、帰ったら地下室を見せてやろうと告げるグリシャ。

その足でレイス家の礼拝堂へ向かいます。

進撃の巨人の能力は未来の記憶が見れる

そして次の記憶は、レイス家の礼拝堂の地下へ。

壁の外から攻めて来た巨人を殺してくれと懇願しますが、世界の怒りを受け入れて死ぬ運命とフリーダに言われ、拒否されます。

その様子を見ているエレンは怒りに震えています。

そしてグリシャは進撃の巨人について、

進撃の巨人の能力
諫山創/「進撃の巨人」第121話より引用

「進撃の巨人は未来の継承者の記憶を見ることができる」

と、驚くべき発言をします。

今まで謎だった進撃の巨人の能力は、未来を予見できるという無敵の能力だったのです!

グリシャのこの発言にはジークも困惑しています。

そして始祖の力が王家にある限り、不戦の力を発揮できないので、自分が手に入れると、メスを握るグリシャ。

しかしグリシャは、人を救う医者が子供たちを殺すことができないと、座り込みます。

ジークは驚きますが、エレンは冷ややかな表情です。

グリシャを唆すエレン
諫山創/「進撃の巨人」第121話より引用

皆殺しを躊躇うグリシャに、エレンは「進み続けなきゃいけないんだ これは、お前が始めた物語だろ、父さん」と、始祖を奪還するんだと唆します。

グリシャは巨人化し、フリーダから始祖の巨人の力を手に入れます。

グリシャのジークへの愛情

礼拝堂の外、レイス家を殺したことを後悔しているグリシャ。

躊躇いながらもレイス一家を殺したのは、エレンの未来のためだったのです。

そしてグリシャは目の前のジークを見つけて、抱きしめ謝罪します。

「父さん…」

思いもよらぬグリシャの言葉に戸惑うジークがいます。

そして記憶の旅は終わります。

エレンの本心を知ったジークは、始祖ユミルに安楽死計画を実行するよう命令します。

鎖をちぎって、ユミルを止めようと走り出すエレン!

次号122話に続きます

「進撃の巨人ネタバレ112話」の感想

「進撃の巨人」の能力は、未来を予見できるとは。これは衝撃でした!

そしてレイス家の襲撃もまさかエレンが煽っていたとは、驚きました。

ジークがグリシャの洗脳を解くために始めた記憶ツアーでしたが、逆にエレンの本心がわかるツアーになってしまったようですね。

そしてグリシャのジークに対する愛情も所々垣間見れて、ジークの父親に対する蟠りが解けたように思えました。

いったいどんな展開になっていくのか楽しみです!