スポンサーリンク



【東京喰種:re 149話ネタバレ考察】嘉納の死亡が判明!カネキを掘り出す作戦とは?

嘉納が自殺

「東京喰種:re」第149話では、月山のカネキへの想い、そして母親の墓に現れた嘉納があっけなく自殺してしまいます。

嘉納の目的は何だったのか?
そしてカネキを救うことはできるのでしょうか?

「東京喰種:re」第149話の内容を見ていきましょう。

【東京喰種:re ネタバレ考察】149話のあらすじポイント

月山のカネキへの想い

月山のカネキへの想い
出典:石田スイ「東京喰種:re」第149話

「…僕だけかい…」
「彼に幸せになって欲しいのは…」

イトリの戦いを誘発するような煽動から感化されつつあった黒山羊の民たちでしたが、月山のカネキを想う魂の言葉が民の心を動かします。

過去、月山がヒトを餌にしたときも、千の捜査官を前に「あんていく」へ戻ったときも、記憶を失ったときも、カネキはヒトも喰種も愚かなほどに思っていた。

そんなカネキが復讐のために命を奪う惨状を望むはずがない、彼に幸せになって欲しいのは僕だけかと、涙ながらに同志たちへ訴えます。

カネキと子供、あわよくば親子セットで一口頂きたいと欲望を口走る月山らしい一面も場を和ませ、カネキを見守ってきたトーカやヒナミ、ニシキ、万丈にも笑みがこぼれ、皆もその想いに同調します。

久しぶりに月山の情熱迸るカネキへの想いが垣間見れましたね。

そしてさり気なく戻ってきたアヤトにも注目されます。

ナァガラジを連れてくるのでは?と思われていましたが、地下喰種3人を連れて戻ってきたようです。

嘉納が自殺

嘉納が自殺
出典:石田スイ「東京喰種:re」第149話

「償いに興味はない 後悔がないから」
「…羨ましいよ 私は憎しみをいただけるほど優しくない…クロナ」
「すまなかったね」

ヒデと丸手の見立て通り、墓参りに現れる嘉納。

そして嘉納に恨みを抱き、彼の後を追っていたクロナに、和修家の正体、そしてリゼの赫包を使い「竜」を作り出した理由を語ります。

が、クロナは嘉納の語る内容に納得できる訳も無く、自分とシロが嘉納の目的のために犠牲になったことを「死で償え」と告げます。

「これが死か 興味深いね」

嘉納は自らの頭部に銃を突きつけ命を絶ちます-

嘉納の保険

嘉納の資料
出典:石田スイ「東京喰種:re」第149話

嘉納が死亡していることが判明し情報源を失ったCCGですが、焦ることの無い様子の丸手。

「嘉納が墓に向かったなら『保険』が現れる」とのヒデの言葉通り、CCGに嘉納の助手を名乗る貴未らが現れます。

流島にいたヒデ(スケアクロウ)は「保険を確認しに行った」と明かしていましたが、ヒデの言う「保険」とは万が一嘉納が亡くなった場合に備えた、これまでの喰種の研究資料だったようです。

カネキ掘らない?

ヒデ
出典:石田スイ「東京喰種:re」第149話

一方、カネキを救おうにも情報が足りず模索する黒羊山のメンバーの元へ、亜門とアキラを連れヒデが到着。

「カネキ掘りに行かない!?」

狙っているかのようにw軽快に告げるヒデに呆気にとられるトーカ。

果たしてカネキを掘り当てることができるのでしょうか。

嘉納の目的とは?「保険」とは貴未のことだった

マッドサイエンティストと言われ作中では重要なポジションにいた嘉納ですが、あっけなく最期を迎えました。

嘉納は、リゼの赫包を移植しカネキを半喰種にした張本人であり、様々な実験を重ね繰り返してきましたが、その目的はこれまで明らかになっていませんでした。

今回の嘉納の発言から、嘉納の目的とは、和修の洗脳によって人間と喰種が対立する閉鎖された現状=鳥籠の世界を壊すことであり、カネキ竜が完成したことで達成されたようです。

「もっと早ければ…」という嘉納の言葉は、和修がひた隠しにしてきた喰種の情報がもっと早く明らかになっていれば、嘉納の母親は助かったかも知れないという想いが込められていますね。

どうやってカネキを掘り出すのか

具体的には?
出典:石田スイ「東京喰種:re」149話

カネキ掘りに行かない?と軽快に誘うヒデですが、ミザの提案ではカネキのいる所まで掘るにはいったい何年かかるのか…、といった手探り状態の様子。

ただ額面通り、スコップで掘るのではなく何か策があるのではないでしょうか。

そのヒントとして、ヒデに同行した亜門とアキラに頼んだ”あるモノ”、そして嘉納の『保険』とされる助手の貴未の持つ喰種の研究資料があげられます。

「竜」を作り出したのが嘉納なら、逆に破壊することも可能ではないでしょうか。

『保険』と言う喰種の研究資料にはその方法が記されているのかも知れません。

そしてCCGの一員であるヒデと黒山羊が手を組むことになるなら、カネキの目指す人間と喰種の共存、旧多のいう「超平和」、いよいよ人間と喰種が手を取り合う日がくるのでしょうか。

次回の展開に期待されます!