スポンサーリンク



【東京喰種:re 151話ネタバレ考察】トーカの指輪が鍵!カネキ救出への道筋とは?

カネキを救う指輪

『東京喰種:re』151話では、ついに喰種と人が共存の第一歩を踏み出していきます。

カネキ救出作戦に突破口は見つけられるのでしょうか?

あらすじを見ていきましょう。

【東京喰種:re ネタバレ考察】151話のあらすじポイント

ニシキと貴未の再会

地下の子
出典:石田スイ「東京喰種:re」第151話

喰種と手を取り合うことになったCCGは、さっそく特別合同対策本部を設置します。

アヤトが連れて来た24区地下の子供達の話では、ナーガラジャの眼球を破壊して動きが止まったとのこと。

貴未は「竜」の眼球近くに「赫包」をもった「本体」がいる可能性が高いという情報を得ます。

少しは範囲が狭まった訳ですが、一つ一つ調べるにはカネキの身体を”人間=異物”として判別できる方法がなければ特定するのは困難ですね。

ニシキのイケメン
出典:石田スイ「東京喰種:re」第151話

ニシキ
「お姉さん綺麗だね ヒマ?」
「あれ?な~~んか見たことあんなぁ?」

別室にて、一人方法を模索している貴未にニシキが声を掛けます。

ニシキと貴未は、かれこれ20区梟討伐戦以来会っていないはずなので、数年ぶりの再会です。

再会を果たした貴未は、嘉納の助手になった理由を、嘉納の知識を得て「人間」の自分と「喰種」のニシキと一緒に生きる夢を叶えるためだと告げます。

喰種ではなく人間
出典:石田スイ「東京喰種:re」第151話

巨大な「竜」を見て人間が喰種に歩み寄れるはずがないと言うニシキに対して、「竜=怪物」は喰種ではなく”人間がなったもの”であり、喰種は人間が起こした事を解決しようとしていると貴未が解説します。

「地下の王」は和修から出た隻眼の喰種

政の覚悟
出典:石田スイ「東京喰種:re」第151話

一方、対策室へ向かう瓜江と政。

政は24区の情報から、「地下の王」の正体は、和修でありながら和修家に対立し24区へ追いやられた「隻眼の喰種」だと話します。

カネキの赫子も和修(リゼ)のものだったこともあり「ナーガラジャ同様地下へ追いやれば良いのでは」と協力体制ですが、父親(和修吉時)を殺した「V」にお礼参りをするのが目的の様子です。

Vの出現
出典:石田スイ「東京喰種:re」第151話

一方街中では、人間の避難を誘導している捜査官の前に突如「V」が現れ、喰種も捜査官も関係なく襲撃を開始します。

黒磐が「V」の攻撃を防ぎ立ち去っていきますが、避難するのを妨害していたのでしょうか。

トーカの指輪

黒い顔
出典:石田スイ「東京喰種:re」第151話

建物に絡みつく「竜」を眺めながら会話するトーカとヒデ。

トーカに促されヒデはマスクを外しますが、その皮膚は黒く塗りつぶされています。

カネキとの再会まで、ヒデの傷跡は隠されたままなのでしょうか。

トーカの可愛さ
出典:石田スイ「東京喰種:re」第151話

それにしても、カネキを好きになったきっかけを言うトーカの可愛さといったらw

カネキを救う指輪
出典:石田スイ「東京喰種:re」第151話

そして、ふとカネキに渡した指輪を思い出すトーカ。
この指輪がカネキ救出の鍵となるのでしょうか。

『東京喰種:re』151話 感想まとめ

カネキ救出はトーカの指輪が鍵?

151話では、24区の情報によって「竜」の動きの止め方や、和修と地下の王の関係、トーカの指輪の気づきなど、カネキを救出する道筋が見えてきましたね。

貴未が模索していた赫子と人間との識別も、指輪を金属探知機などで探していけば的を絞れるかも知れません。

また、カネキの現状が”人間が作ったものの暴走を喰種が救った”とされるなら、喰種への評価も変わってくるのではないでしょうか。

「V」の奇襲

ただし今回の「V」の出現から、カネキ救出を妨害する勢力もいるようですので、今後作戦遂行中に襲撃を受けそうですね。

「V」がなぜ和修家を裏切るのかは定かではありませんが、過去に政の命も狙っていますし、政の父である吉時を殺害していますので、敵対しているのは明らかだと思われます。

ともあれ、嘉納の研究結果にCCGと喰種の情報も共有され、カネキを助けるために一気に動き出しそうですね。

次回の展開に期待です。